Friday, July 21, 2017

日本語でのカバーによって

お久しぶり!元気か?一年ぶりにここで書いてないと、残念だ。書くことは約束をしてくないけど、たまにここでブログポストを投稿してみたい。

今週、私はカバーを聴くことに興味になった。特別の歌はアイマーのカタオモイだった。そして、フィリピン人の外国語のカバーに気がする。で、今日は面白い曲を聴いただった。

聴いてみてと何かコメントがあったら、下に書いてね。^^


じゃね!

Monday, March 7, 2016

遠距離恋愛

 昨年の11月5日は当社のスピーチコンテスト。私はそこに参加しましたこれは私のスピーチです。

遠距離恋愛。
それはいかに相手の思いと気持ちを持ち続けられるかだ。
この言葉を私はある人から教わりました。
今からお話しするストーリをみんなさんはどう感じますか?

一人の船乗の青年がいました。青年は長い量が終わりある島に総実とどまることになりました。そしてこの島で、一人の娘に出会いました。
二人は出会ったばかりですが、話をしていくうちに少しずつお互いのことを知るようになりました。
そして次の日も、また次の日もあって、話をしいつしかひかれ会うようになりました。
しかしそんな楽し日々もあというまに終わりの時が来ます。
彼はまた海へ出なければなりません。
でも二人はこの関係が続くを願っていました。
そして青年は娘に告白します。
「あなたが好きだ」娘は何も言わずに彼の手を握り告白を受け入れました。
その瞬間二人は恋人になりました。

翌日彼は島を出ました。いつ戻ってくられるか、わからないまま。
彼女はこの島で彼の帰りを待つしかありませんでした。
これが二人にとっての最初の試練です。
でも二人はこの関係を続けるために、とても努力しました。
コミュニケーションを取ることで心の距離は短くなり、会えない時間が二人の気持ちをいそう強くしました。
「i miss you」という言葉は二人にとって大切な言葉へと変わった行きます。
また彼と一緒にいたい、心の距離は決して離れていないという思いだけで彼女は十分彼を待つできました。
そしてこのような試練を何度か乗り越えた後、ついに二人は結婚しました。
やがて子供が生まれます。
それが私です。

そう、かつての青年と若い娘はわたしの両親のことです。
この遠距離の関係は今も続いています。
これは私たちが想像する以上に、本当に大変なことです。
例えば、何か家族のことで、大切なことを決める時でも、電話やインターネットでしなければなりません。
両親の間でも何か問題が起きた時も、直接会って話すこともなかなかできません。
また相手を裏切ってしまっても、時にはそれも、許さなければなりません。
愛は単なる気持ちではなく、時に義務であり、またお互いのことを信頼しなければなりません。
両親を見ていると、それが決して、簡単なことではないと思います。

父と母は遠距離恋愛中、大変だから、お互いの関係を終わらせることもできたし、父がもっと近い場所で仕事を探すということもできました。
でも二人は相手を思いあう心で、強い睦美月の愛を手に入れたのです。

遠距離恋愛、それはいかに相手の思いと気持ちを持ち続けられるかだ。

この言葉を教えてくれたのは両親です。
遠距離はしょうがないになる言う人もいますが、私は遠距離は原石を磨くことと、似ていると、思います。
時に痛い思いもするけど、我慢や、犠牲を払いながら、磨き続けることで、光り輝く、宝石にすることが、できるのです。

編集:
準優勝しました。またコンテストに参加するかどうか、まだわからないと、スピーチならは思うことと気持ちを表すことは興味があります。

Monday, May 18, 2015

思いがけない愛

彼らは「私たちは言葉で気持ちと考えを伝えることができます。」と言いました。私はそれを信じていて、英語とタガログと私の方言でずっと作文と日記を書いています。複雑な考えと気持ちも言葉で表せます。言語は不思議ですね。

高校生の時、日本人の先生に会って、友達と一緒に日本語を教えてもらいました。
あの時、私はドラマとアニメのために、この言語を勉強したいと思いました。でも、それはつかの間の考えでした。先生はいつも「練習してください。」と言いましたが、私は練習しませんでした。 そして、先生が日本に帰ってと、日本語の勉強することを辞めてしまいました。

大学生になった時、スペイン語を勉強してみました。私は言語に興味があるのを発見しました。私の外国語人生は終わりませんでした。でも、その時、いつも忙しかったので、残念ですけど、その努力を続けませんでした。

日本の会社に入ったので、日本語の勉強の機会があります。前に、私は「これは面白いな」と思ったので、漢字と語彙と文法をいっしょうけんめい、勉強しました。でも、けんしゅうが終わったとき、勉強を続けませんでした。それで、JLPTの試験に失敗してしまいました。途中でやめててしまうことは、高校生の経験と同じでしょう。

日本語の勉強をすればするほど面白くなってきました。私は「日本語をもっと読めるようになりたい。そして、話せるようになりたい。」と思っていて、日本語の記事をよく読むようにしています。ドラマもよく観て、日本語の歌も習っています。今、日本語の勉強することが楽しいんです。もう、仕事だけじゃないと思います。その代わり、私の生活のー部になりました。日本語は難しいけど、途中であきらめたくない。

日本語が上手に話せれば、いつか、私の考えと気持ちは美しい言葉で表すことができます。それは、私にとって、すばらしいことです。これからの道はけわしいので、たくさん、努力をしなければなりません。
でも、思いがけない愛のために、この努力は価値があります。

Saturday, August 2, 2014

私の初めてポスト

みなさん、

私はジョナと申します。
フィリピンから来ました。
私は日本語の学生ので、このブログは練習ことの書き所です。
これからも、よろしくおねがいします!
じゃあ、また!

ジョナ